白内障治療・手術の前に見るサイト|本当に単焦点眼内レンズでいいの!?

白内障とはどんな病気?

私たちの目の構造の中にある水晶体という部分が白く濁ってくる病気です
目の構造をカメラに例えると、水晶体の働きはレンズの働きをする組織で、外から入ってくる光を集め、それをフィルムの働きをする網膜に届けることとピントを合わせることであり、それが画像としての情報となり、目で見ているということになります。
本来、水晶体は無色透明であるので、レンズに映し出される映像はきれいに映るわけですが、白内障になるとレンズが白く濁るため鮮明な映像が見られなくなります
曇ったレンズ(水晶体)で写真を撮ると、かすんだ写真(見えている映像)になってしまうということです

 

白内障の症状

白内障と言っても、その人その人で白内障の程度は様々で、水晶体が最初から真っ白になっているわけではありません。初期は、透明である部分と白く濁っている部分と混在しており、入ってくる光が乱反射してしまいます。そうすると以下のような症状が出てきます。

  • 視力の低下

    水晶体が濁ると、光がうまく通せなくなり網膜に鮮明に画像を映せなくなり視力が低下します。たいていの人が視力の低下を自覚して受診される場合が多いです。

  • 目がかすんで見える

    水晶体が全体的に濁ってくると、かすんで見えてきます。ちょうど曇りガラスのような感じです。

  • 光をまぶしく感じる

    水晶体が濁ると光がうまく通せなくなり光をまぶしく感じるようになり見え にくくなります。ちょうど逆光に顔を向けて目を開けようとしているような感じです。たとえば、太陽を背に向けて歩いてくるとまぶしくてその姿が見えないと言われる方多いです。

  • 物が二重、三重に見える

 

白内障は少しずつ進んでいくことが多いので、意外と気づかないことがあります。上記のような症状が長く続くようなら、受診するようにしましょう。