白内障手術の際の焦点設定・ピント選びのアドバイス

白内障手術の際のレンズ別焦点距離のアドバイス

白内障手術で眼内レンズを入れることにより近視や遠視、乱視は矯正できることになります。眼内レンズは一度入れたら基本的に入れ替えはしないのでそれぞれのレンズには長所・短所がありその人その人で生活のスタイルが違うので、医師とよく相談して選択してください。眼内レンズは、見たい距離に合わせて自由に度を選ぶことはできますが、水晶体のように見ようとするものに応じてピントを合わせるという調節するという機能はありません。そのため、多くの場合選んだレンズによって眼鏡が必要となります。

 

単焦点眼内レンズをいれる場合

ピントが合う距離が1つなので、患者は生活スタイルに合わせてレンズの度数を合わせて、ピントを選ばなければなりません。選んだピント以外の距離には、その距離を見るための眼鏡が必要になります。

 

遠く(5m以上)がよく見えるようにしたい

遠くにピントが合うように眼内レンズの度数を合わせます。
たとえば、車の運転などする機会の多い方、風景を見るときは、遠くを見ることに不都合のないようになります。その代わりに近くを見るとき、読書・携帯電話には老眼鏡が必要になります。もともと遠くの見え方がよく、老眼鏡を使用していた方に適しています

 

近く(30〜50cm)がよく見えるようにしたい

近くにピントが合うように眼内レンズの度数を合わせます。
手術後、読書やデスクワーク、パソコン、手芸など手元の細かい作業が多い方に不都合がないようにします。手術後の裸眼視力(眼鏡なしの視力)は、0.1程度になるので日常生活で遠くを見るときには眼鏡が必要になります。もともと近視のため、遠くの見え方が悪かった方で、仕事や趣味で近くを見ることの多い方に適しています

 

中間距離(1〜3m)がよく見えるようにしたい

中間距離にピントが合うように眼内レンズの度数を合わせます。
室内での家事やテレビ鑑賞には便利です。この場合遠くや近くはどちらも少しぼんやり見えるのではっきり見えるようにするために必要に応じてそれぞれ度数の弱い眼鏡を使用します。屋内にいることが多く、遠くも近くもほどほどに見えていればいいという方に適しています。

 

多焦点眼内レンズをいれる場合

遠くと近くが見える遠近両用のレンズですので、日常生活の大半は眼鏡がなくても生活できることになります。パソコンを長時間使われる方、スポーツをされる方にお勧めです。
グレアやハロー(※)などの影響が強く出る為、夜間に運転することの多い方はこのレンズはおすすめではありません。職業でいえば、タクシー運転手・トラック運転手・デザイナー写真家などです。
見え方は慣れるのに時間がかかることがあります。慣れる時間には個人差があり、6か月以上かかる場合もあります。また見え方にも個人差があります。また、乱視のある方は、乱視矯正の機能がないため多焦点眼内レンズ挿入後追加手術(レーシック)が必要であったり、眼鏡が必要になります

  • グレア:光の周囲がまぶしく感じる
  • ハロー:光がにじんで見える場合があり