白内障予防の為に日々の生活で気を付けるべきポイント

白内障予防の為の生活上の留意点

白内障の原因には、加齢・病気・外傷・遺伝などがあります。すべて気を付けていても自分では予防しようがないのですが、少しでも進行を遅らせるように日常生活に注意していきましょう。自分でできる予防策として“糖尿病などの生活習慣病にならないようにすること”です。糖尿病になると若くても白内障は進行しやすくなります。普段から生活習慣を整えるように注意していきましょう。

 

次に注意していくことは、紫外線や強い赤外線を避けることです。
角膜を透過した紫外線・赤外線の中で、水晶体は最もエネルギーの大きい青い光(ブルーライト)を吸収するためダメージを受けやすいのです。強い日差しをさけ、日頃からUVカットのサングラスや帽子の着用、日傘を使用しましょう。また、長時間のテレビやパソコンも人工光の中に含まれる青色光が眼に酸化ダメージを与えるという研究結果があるようですので、注意しましょう。

 

  • バランスの良い食事

    偏食をせず、栄養のバランスのよい食生活を心がけましょう。ビタミンC・ビタミンA・カルテノイドは水晶体に含まれているタンパク質の酸化によるダメージから眼を守る成分です。これらを多く含む緑黄色野菜を多く摂りましょう。

  • ストレスをためない

    ストレスを感じることで水晶体白濁の原因となる活性酸素の働きが促進されます。適度な休息・睡眠を心がけましょう

  • たばこはやめましょう

    ストレス同様、喫煙習慣は活性酸素の働きを促進します。