白内障の種類と原因は?

白内障の種類と原因

白内障には、様々な種類があります。発症時期で先天性(生まれつきのもの)と後天性(生まれた時は通常であったものが様々な事柄が原因として持つことになってしまうこと)に分類されます。また原因によって分類されることもあります。
私達が白内障と聞いて、最も多いのは加齢による老人性白内障ですが、それ以外に他の病気によるものや薬・外傷・紫外線によるものもあります

 

・老人性白内障

白内障で最も多いのは加齢に伴う老人性白内障で、60歳で約70%、70歳で約90%80歳以上ではほぼ100%に視力低下がみられていると言われています。眼の老化現象ということになります。初期には、症状に気づきにくいのですが、薄暗いところが見えにくくなり、水晶体の濁りが広がるとまぶしく感じたり、かすんできます。進行や症状には個人差がありますし最近では若年層でも発症するケースもあります。

 

外傷性白内障

けがによる白内障で、眼に物が強くあたったり、何かで刺してしまうという何らかの傷を負った時に水晶体が濁り始めるという白内障です。また感電や事故、放射能、紫外線などの電磁波によるもので起こることもあります。白内障としては自覚症状もないことが多く視力低下などで気づく人が多いようです

 

糖尿病による白内障

糖尿病の合併による白内障で、水晶体の新陳代謝が障害され濁ってくるものです。視力に影響を受けやすいため自覚症状として感じることが大きいと思います。白内障はゆっくり進行していく病気ですが、このタイプの白内障は若年層に多く、水晶体の濁りのスピ−ドが早く短期間で進行するといわれています。

 

併発性白内障

他の病気に伴って発症する白内障です。ブドウ膜炎、網膜剥離、網膜変性症緑内障などにより水晶体の栄養が障害されることで起こってきます。   

  • ブドウ膜炎

    ブドウ膜は色素や血管の多く存在する部位で瞳から入る光の量を調節して眼に栄養を供給する役割があります。そこに炎症が起こるものをブドウ膜炎といいます。ブドウ膜炎は完全に治ることは難しく失明の恐れもある病気です。

  •  

  • 網膜剥離

    網膜は、眼の奥にある組織でここには光を感じる視細胞があって、ここで受け取った眼で見た映像は、視神経を通じ脳に伝達されそれが何か認識されます。網膜剥離は網膜が剥がれることで見える範囲が狭くなり見えにくくなる病気です

  •  

  • 網膜変性症

    視細胞が年齢よりも早く老化し機能しなくなってしまう両眼に起こる病気です。夜薄暗い部屋で物が見えにくくなり、その後見える視界が周辺部から中心部に向かい狭くなる病気です

  •  

  • 緑内障

    眼が正常な機能を保つ適正な眼圧(10〜21mmHg)以上の眼圧のため視神経が障害され、視野がかけてくる病気です。1度障害を受けた視神経は再生することはないため失明する可能性が高い病気です

先天性白内障

出生時、もしくは出生後の早い時期から水晶体が白く濁ってしまう。生まれながら発症している白内障です。生まれた時に兆しはあっただけで成人してから先天性白内障ですと診断されることもあります。主な原因として遺伝や母親が妊娠中にかかった風疹によるものが知られています

 

 

いずれにしても、一度濁ってしまった水晶体を透明にすることはできないので自然に回復することはできません。白内障はゆっくり進行していく病気なので診断されたからと言っても、すぐに手術をしなくてはならないということはありません。眼科医と相談し、日常生活に支障をきたすようであれば手術を検討すればいいと考えます。
進行の早いタイプの白内障に関しては、眼の症状があるようなら、早めに受診することをすすめます。